学校について

面接に挑む

田園調布雙葉、東京女学館、清泉、そして目黒星美、聖心などでは、特に面接が重視されています。 面接は「親子」「親のみ」と「子供だけ別室に連れて行く」3つの形式があります。 長さも5~10数分までで、各校様々ですが、学校側からすると...
幼児教室

幼児教室の活用法

私立小学校受験の場合、基本は、あくまでも家庭での毎日の生活で、その中でも特に、話をしっかりと聞いて理解できる力、自分で考え適切に行動することができる自立した力、そして他者との関係性の中での礼儀や挨拶、思いやりなどを身につけた習慣を、日常生活...
幼児教室

小学校受験に必要な力

小学校受験には必要な6つの力があります。 「聞く力」「見る力」「話す力」「考える力」「行動する力」「表現する力」です。 小学校受験では、読む力や書く力は、一部の例外を除き、必要とされていません。 「聞く力」や「見る力」が、...
幼児教室

小学校受験の偏差値とは

受験準備の過程で、合格の目安となる「偏差値」という指標がはっきりしないことが、小学校受験を不透明にしているのではないかと思います。 そして、志望校選びも一層難しくしているように思います。 実際は大手の幼児教室などで、年中時(幼稚...
学校について

通学時間は50分以内が理想

志望校、受験校を選ぶときに、意外にも通学時間を重視せず、後でいろいろな問題が出てくることがあります。 確かに、子供はいつまでも小さくありません。 小学校高学年でしたら十分に通える学校でも、通い始めは6歳の子供、小学校1年生ですの...
学校について

小学校の特色と噂

特色について 小学校受験は家族一丸となった団体戦と前にもお話をしました。 もちろん、家族の役割は一番大きなものですが、幼児教室も切っても切り離せない存在です。 中学校の受験と違い偏差値などの合格基準がはっきりとしない私立小学校...
親の役割

母親としての心得

母親の存在は圧倒的に大きなものです。 毎日の生活に加え、受験準備から考査当日も母親が誘導します。 子供の立場からも、大好きな母親からの愛情のこもった言葉を心の糧に全幅の信頼を置いています。 もちろん父親としても、母親任せにしないで家族...
親の役割

父親の意識改革

小学校受験は、合格通知を手にするまで、母親の渾身の努力が大きな力となることは事実です。 しかし、母親だけの力で、受験当日までの長い道のりを無事に乗り切れるほど簡単ではありません。 前にも書きましたが、協議に例えるなら、子供が1人...
幼児教室

幼児教室を始める時期

お受験の幼児教室はいつから始めたら良いのでしょうか。 私の考えでは、受験まで2年間は必要ではないかと思います。 もちろん受験する学校にもよりますが、大きく分ければ学校のタイプは、A:行動観察重視型と、B:ペーパー重視型があります...
幼児教室

幼児教室の選択 ~大手の教室と個人の教室~

概論 有名小学校に何人も合格させた実績を持つ幼児教室のノウハウに頼らざるを得ません。 私の友人で、基本は家庭での母親との独学で、幼児教室には通わず、時折、教室の学校別講習会や公開テストのみを受講して、国立小学校に見事合格された子供さ...
タイトルとURLをコピーしました